産経WEST

【台風5号】遅い速度で紀伊半島を横断中…東海へ 猛烈な雨が和歌山80ミリ、大阪・泉南市100ミリ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【台風5号】
遅い速度で紀伊半島を横断中…東海へ 猛烈な雨が和歌山80ミリ、大阪・泉南市100ミリ

台風5号の強風で、大阪では街路樹が折れて道路に倒れた=7日、大阪市浪速区(門井聡撮影) 台風5号の強風で、大阪では街路樹が折れて道路に倒れた=7日、大阪市浪速区(門井聡撮影)

前のニュース

 台風5号は7日、四国の太平洋岸を進み、午後3時半ごろ、和歌山県北部に上陸。西日本から東日本まで広い範囲で断続的に非常に激しい雨が降った。8日にかけて北東に進んで日本海に抜ける見通しで、東北の南部でも大雨による河川の増水や土砂災害などに警戒が必要だ。

 レーダーの解析では、大阪府泉南市付近や山梨県都留市付近、大月市賑岡町で1時間に約100ミリの猛烈な雨が降ったとみられ、気象庁は記録的短時間大雨情報を出した。和歌山県湯浅町では1時間に80ミリの猛烈な雨が降り、高知県や徳島県では24時間雨量が300ミリを超えた。最大瞬間風速は高知県室戸市で40・0メートル、和歌山県日高川町で30・8メートルを記録した。

 台風5号は上陸後も速度が遅いまま本州を北東に進むとみられ、各地で影響が長く続きそうだ。台風の周囲を回るように南東から湿った空気が流れ込むため、中心から離れた地域でも局地的な大雨になることがある。

 8日にかけて、徐々に勢力を弱めながら北陸や東北沖の日本海に抜けて温帯低気圧に変わる可能性が高いが、長野県などの山地で進路を南寄りに変える恐れもある。

 8日午後6時までの24時間に予想される雨量は、多いところで、東海350ミリ、近畿、北陸300ミリ、関東甲信250ミリ、東北180ミリ、中国100ミリ。

続きを読む

のニュース

の写真

  • 【台風5号】近づく東海で相次ぐ被害…愛知で突風、車やトラックが横転
  • 【台風5号】二条城・京の七夕、なら燈花会、鳴門9万人の花火…夏休み直撃、観光・レジャー中止・休園相次ぐ
  • 【台風5号】自転車並み遅さで東日本へ…長時間の雨に警戒を、24時間で東海350ミリ、近畿・北陸300ミリ
  • 【台風5号】遅い速度で紀伊半島を横断中…東海へ 猛烈な雨が和歌山80ミリ、大阪・泉南市100ミリ
  • 【台風5号】和歌山県北部に上陸、近畿横断へ 暴風や高波に警戒
  • 【台風5号】近畿上陸へ 正午現在、徳島の南60キロ 大雨や暴風に厳重警戒 8日には東日本へ
  • 【台風5号】夕方の帰宅ラッシュ直撃か 近畿・四国で陸路・空路交通乱れる 
  • 【台風5号】和歌山県南部の観光地や自治体も警戒 白良浜遊泳禁止、千畳敷立ち入り禁止…
  • 【台風5号】高知・室戸付近を通過し近畿へ 依然動き遅く大雨や暴風に厳重警戒
  • 【台風5号】四国・九州で大しけ
  • 「長寿台風」勢力保つ、発生から15日の台風5号 過去には19日超も

「産経WEST」のランキング