産経WEST

【台風5号】夕方の帰宅ラッシュ直撃か 近畿・四国で陸路・空路交通乱れる

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【台風5号】
夕方の帰宅ラッシュ直撃か 近畿・四国で陸路・空路交通乱れる

台風5号の影響で航空便に欠航がでる。変更や払い戻しの窓口に行列ができる=7日午前、伊丹空港(前川純一郎撮影) 台風5号の影響で航空便に欠航がでる。変更や払い戻しの窓口に行列ができる=7日午前、伊丹空港(前川純一郎撮影)

 台風5号が四国、近畿地方に接近した7日、関西の交通機関は大幅に乱れ、各地の自治体も避難準備情報を発令するなど警戒を強めた。第99回全国高校野球選手権大会開会式は8日に順延。7日夕にも近畿に上陸する見込みで、帰宅ラッシュを直撃しそうだ。

 高知県は県内全域が暴風域に入り、250人以上が避難した。県東部の安芸市の漁港には太平洋の高波が荒々しく打ちよせた。7日未明に雨風が強まった高知市では一時90人が自主避難した。市内3カ所で道路が冠水し、倒木も発生した。

 和歌山県では、田辺市、日高町などが全域に、那智勝浦町が一部に、それぞれ避難準備情報を発令。白浜町の白良浜(しららはま)海水浴場は全面遊泳禁止となった。国の名勝・千畳敷は高波が押し寄せ「立ち入り禁止」に。クジラと一緒に泳げる太地町の「くじらに出会える海水浴場」も当面閉鎖される。

 JR西日本によると、京都・大阪と和歌山方面を結ぶ特急「くろしお」の一部が運休となったほか、和歌山市と徳島市を結ぶ南海フェリーも12便が欠航した。

 関西国際空港は計147便の欠航が決まり、鹿児島や沖縄などへの国内線、台湾・台北や上海、グアムなどへの国際線に影響した。

続きを読む

「産経WEST」のランキング