産経WEST

翁長氏、オスプレイは「とんでもない飛行機」豪州墜落事故を批判

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


翁長氏、オスプレイは「とんでもない飛行機」豪州墜落事故を批判

米軍普天間飛行場所属のオスプレイ墜落事故を受け、記者団の取材に応じる沖縄県の翁長雄志知事=7日午前、沖縄県庁 米軍普天間飛行場所属のオスプレイ墜落事故を受け、記者団の取材に応じる沖縄県の翁長雄志知事=7日午前、沖縄県庁

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)所属の新型輸送機オスプレイがオーストラリア東部沖で墜落した事故を受け、同県の翁長雄志知事は7日、「起こるべくして起きた。とんでもない飛行機で、原因究明も全く当てにならない」と強く批判した。県庁で記者団に述べた。

 政府は6日、国内でのオスプレイ飛行自粛を米側に要請。ただ翁長氏は「日本政府が当事者能力を持って(米側に)何も言えないというのが、今のような状況につながっている」と述べ、政府への不信感を示した。

 県内では昨年12月、名護市の浅瀬に普天間飛行場所属のオスプレイが不時着し、大破。同じ日に別のオスプレイが同飛行場で胴体着陸する連続事故を起こした。

 米側は一時的に飛行を停止したが、事故のわずか6日後に再開。県の反対にもかかわらず、政府は「合理性が認められる」(当時の稲田朋美防衛相)として容認した。

「産経WEST」のランキング