産経WEST

広島市の中3女子が学校で死亡、いじめ自殺か 授業中に悪口、からかいも 県警も経緯を調査

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


広島市の中3女子が学校で死亡、いじめ自殺か 授業中に悪口、からかいも 県警も経緯を調査

 広島市佐伯区の市立五日市観音中は4日、3年生の女子生徒が7月に死亡し、周囲から悪口やからかいがあったことを確認したとして、いじめによる自殺の可能性を含めて原因を調査すると発表した。両親は「いじめが原因」と主張しており、広島県警も経緯を調べている。

 学校側による調査の結果、悪口などは7件あり、主に授業中だったという。内容について「本人が嫌がることだった」としながらも、詳細な説明は避けた。 関係者によると、両親は7月下旬、学校に「娘はいじめを苦に命を絶ったと考えている。同じような人はつくりたくない。学校のこれまでの対応などを書面で回答してほしい」と要請していた。

 生徒は7月24日朝、学校の駐車場で倒れているのを職員が発見。搬送先の病院で死亡が確認された。校舎4階の廊下でかばんなどが見つかった。

 大下茂校長は記者会見し「痛恨の極みで申し訳ない。遺族の意向に沿って問題の把握に努めたい」と謝罪した。5、6月に実施したいじめアンケートや教育相談では亡くなった生徒へのいじめを把握できなかったという。今後、調査結果を踏まえ、第三者委員会の設置を検討する。

 4日には保護者集会が開かれ、参加した1年生の男子生徒の父親(41)は終了後に「どんないじめがあり、他にいじめられている子はいなかったのか、しっかり調べてもらいたい」と話した。

「産経WEST」のランキング