産経WEST

【九州北部豪雨1カ月】極限状態10時間、裸足でさまよった決死の避難 31枚の画像、スマホに残る

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【九州北部豪雨1カ月】
極限状態10時間、裸足でさまよった決死の避難 31枚の画像、スマホに残る

 山から噴き出した泥水があふれる道を必死に歩く住民=7月5日午後6時21分、福岡県朝倉市の黒松・真竹集落(町田秀紀さん提供)  山から噴き出した泥水があふれる道を必死に歩く住民=7月5日午後6時21分、福岡県朝倉市の黒松・真竹集落(町田秀紀さん提供)

 危険を察知して避難を呼び掛けたのは区長だった。市が避難勧告を出す2時間以上前の5日正午すぎ。十数人が約2キロ先の避難所を目指したが、土砂に遮られた。別の道を進んだが、途中で橋が流れ落ち、7人がやむなく引き返した。市中心部から約10キロ離れた山奥で、自衛隊や消防の救助は望めない。次々と起きる土砂崩れを避け、安全な場所を探し続けた。鉄骨造りの小屋に逃げ込んだときは、午後10時を過ぎていた。

×   ×

 猛暑が続く被災地の一部では、道路や護岸の復旧作業が徐々に進む。だが、集落に続く道は今も土砂や流木で覆われ、ほぼ手付かずの状態だ。「誰も気にしないような小さな集落だから、取り残されるのではないか」。町田さんはつぶやいた。

このニュースの写真

  • 極限状態10時間、裸足でさまよった決死の避難 31枚の画像、スマホに残る
  • 極限状態10時間、裸足でさまよった決死の避難 31枚の画像、スマホに残る

関連トピックス

「産経WEST」のランキング