産経WEST

【九州北部豪雨】被災中学生が支援した人へ「お礼の写真撮影」…「頑張っている姿を見せたい」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【九州北部豪雨】
被災中学生が支援した人へ「お礼の写真撮影」…「頑張っている姿を見せたい」

お礼の手紙と共に送る集合写真を撮影する比良松中の生徒ら=4日午前、福岡県朝倉市 お礼の手紙と共に送る集合写真を撮影する比良松中の生徒ら=4日午前、福岡県朝倉市

 九州北部の豪雨で被災し、夏休み中の福岡県朝倉市の市立比良松中で4日、全校集会が開かれ、支援してくれた全国の人にお礼の手紙と共に送る集合写真を撮影した。被災した市立松末小の児童も市内にある別の小学校に臨時登校し、近況を語り合った。

 比良松中は、大雨で近くの川が氾濫し、体育館と技術室の基礎部分が流失。被害を知った北海道や東京都の中学校などから激励の手紙や募金で集めた支援金が届いたほか、企業から靴や制服が寄贈された。

 坂井満校長は、学校に隣接する体育施設に集まった約150人の生徒を前に「感謝の気持ちを持ってほしい」とあいさつ。生徒らは「たくさんのご支援とご声援ありがとう」と書かれた横断幕を掲げ、笑顔で写真に納まった。

 生徒会長の3年、津村姫香さん(14)は「色紙や手紙が届いてうれしかった。みんなが元気で頑張っている姿を見せたい」と話した。

 松末小は1階に泥水が入り込み孤立、児童ら54人が3階で一夜を過ごした。この日は原爆の日の6日を前にした平和学習で、戦争犠牲者と豪雨で亡くなった人に向け、児童27人が杷木小の和室で黙とうした。これに先立って担任教諭が児童らと個別面談し「たくさん食べているか」「眠れないことはあるか」などと様子をうかがっていた。

このニュースの写真

  • 被災中学生が支援した人へ「お礼の写真撮影」…「頑張っている姿を見せたい」

関連トピックス

「産経WEST」のランキング