産経WEST

【銀幕裏の声】家族の手紙届けるため硫黄島へ決死の飛行 敵機と遭遇、機体スライドさせ弾丸避け…特攻覚悟、一式陸攻パイロットの証言(上)

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【銀幕裏の声】
家族の手紙届けるため硫黄島へ決死の飛行 敵機と遭遇、機体スライドさせ弾丸避け…特攻覚悟、一式陸攻パイロットの証言(上)

高高度を飛ぶ一式陸上攻撃機。終戦まで海軍の主力攻撃機として使用された 高高度を飛ぶ一式陸上攻撃機。終戦まで海軍の主力攻撃機として使用された

 田中さんが操縦していた一式陸攻の最高速度は約450キロ。一方、空中戦で戦うために開発された戦闘機P38の最高速度は670キロ。8人乗りで機体も重い一式陸攻が、単座で機動性能の優れたP38の追尾を振り切ることは実は至難の技だったのだ。

     =【銀幕裏の声】元海軍中尉の証言(中)は、8月9日の予定

このニュースの写真

  • 家族の手紙届けるため硫黄島へ決死の飛行 敵機と遭遇、機体スライドさせ弾丸避け…特攻覚悟、一式陸攻パイロットの証言(上)
  • 家族の手紙届けるため硫黄島へ決死の飛行 敵機と遭遇、機体スライドさせ弾丸避け…特攻覚悟、一式陸攻パイロットの証言(上)

関連ニュース

「産経WEST」のランキング