産経WEST

【西論】藤井フィーバー 将棋復権、ブームで終わらせるな

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【西論】
藤井フィーバー 将棋復権、ブームで終わらせるな

銀河戦予選で平藤真吾七段(手前)に勝利した藤井聡太四段=7月27日、大阪市福島区 銀河戦予選で平藤真吾七段(手前)に勝利した藤井聡太四段=7月27日、大阪市福島区

前のニュース

 今、日本は空前の将棋ブームだ。テレビではほぼ毎日、将棋の話題が放送され、書店に行っても、将棋関連本の特設コーナーがある。このブームの立役者は、公式戦29連勝の連勝新記録を樹立した最年少棋士、藤井聡太四段(15)である。

 ◆救世主、現る

 もともと将棋は国民的な娯楽だったが、近年は人気が低迷していたといっていい。レジャー白書によると、将棋人口は、昭和57(1982)年にピークで2260万人だったのが、レジャーの多様化を時代背景にその後は1千万人を割り、平成27(2015)年には530万人に落ち込んだ。

 そこに追い打ちをかけたのが昨年10月に持ち上がった将棋ソフトの不正使用疑惑騒動だ。竜王戦七番勝負の挑戦者に決まっていた三浦弘行九段に、対局中のソフト不正使用の疑いが浮上、日本将棋連盟から出場停止処分を科せられた。しかし2カ月後、第三者調査委員会が不正を裏付ける証拠はなかったと結論づけて連盟が謝罪し、谷川浩司前会長ら執行部が責任をとって辞任した。当時、連盟は大きな打撃を受けた。

 どん底にあった連盟を、まさに救世主のごとく救ったのが、昨年9月に史上最年少となる14歳2カ月でのプロ入りを決めた藤井四段だった。

 ただ、今の将棋ブームは一人の天才中学生棋士の力だけで作り上げたわけでもない。環境を変えてしまうような3つの要素による土壌がすでにあったのだ。

続きを読む

最年少プロ棋士 藤井聡太のニュース

最年少プロ棋士 藤井聡太の写真

  • 【将棋】藤井四段、竹内四段に勝ち棋聖戦1次予選決勝進出 ゴキゲン中飛車で穴熊崩す、あわや千日手の局面も冷静に対処
  • 【将棋】藤井四段、棋聖戦1次予選対局始まる 3回戦で竹内雄悟四段と4度目の対戦
  • 【藤井聡太四段】王座戦予選で小林健二九段に勝利、初戦突破
  • 【藤井聡太四段】昼食はがっつりやきめし&とんこつラーメン 小林九段は「珍豚美人」セット 王座戦予選、戦型は角交換振り飛車
  • 【藤井聡太四段】王座戦1次予選初戦、小林健二九段との2度目の対局始まる 先手は藤井四段
  • 【関西の議論】「進学すべきか」悩める天才少年・藤井四段、母は「進学してほしいけど本人は…」、中学生デビューした先人4棋士の進路は?
  • 【将棋】藤井聡太四段、棋王戦本戦で豊島将之八段に敗れる 中学生タイトル獲得可能性潰える
  • 【将棋】藤井四段、棋王戦本戦・豊島将之八段戦で千日手指し直し 昼食は「和牛ステーキ定食」、豊島八段は「カレー定食」
  • 【将棋】藤井四段、棋王戦本戦で豊島将之八段と対局 A級棋士とは初対局 中学生のうちに挑戦できる“最後のタイトル戦”最初の関門
  • 【将棋】藤井聡太四段、朝日杯で熱戦制し連勝「粘りが奏功した」 公式戦38勝目
  • 【将棋】藤井聡太四段、朝日杯で竹内雄悟四段と対局始まる きょう2戦目、角交換し竹内四段は穴熊に
  • 【将棋】藤井聡太四段、朝日杯で大石六段に勝利、激しい攻め合い制す 午後に3回戦・竹内四段と対局

関連トピックス

「産経WEST」のランキング