産経WEST

プリウス、アルファード41台…被害1億3000万円 電子キー狙った新手の自動車盗の男5人逮捕 大阪府警

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


プリウス、アルファード41台…被害1億3000万円 電子キー狙った新手の自動車盗の男5人逮捕 大阪府警

 電子キーの車を狙った自動車盗を繰り返したとして、大阪府警捜査3課は3日、窃盗容疑などで大阪府東大阪市衣摺(きずり)の自営業、古川広明容疑者(42)ら男5人を逮捕、送検したと発表した。トヨタ自動車のプリウスやアルファードといった車種を中心に計41台(総額1億3千万円相当)の被害を裏付けたという。

 同課によると、古川容疑者らは、駐車中の車をこじ開けて車内の電子機器を取り出し、「キープログラマー」と呼ばれる特殊な装置を使って機器を操作。別の電子キーでもエンジンが作動するようデータを書き換え、車に乗り込んで走り去っていた。府警は、新たな自動車盗の手口として警戒を強めている。

 5人とも容疑を認め、「倉庫に持ち込んで車体番号を張り替え、盗難車と分からないようにして売った」などと供述。キープログラマーについては「外国人から70万円で買った」と説明しているという。

 送検容疑は昨年3月上旬、同府岸和田市内の駐車場で、キープログラマーを使って乗用車1台(500万円相当)を盗むなど、平成27年1月~昨年9月、近畿2府2県で自動車盗を繰り返したとしている。

「産経WEST」のランキング