産経WEST

積水ハウス、登記できず…「偽造書類に63億円」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


積水ハウス、登記できず…「偽造書類に63億円」

 積水ハウスは2日、分譲マンションの建設用地として購入した東京都内の土地代金の大半に当たる63億円を支払ったのに、所有権移転の登記ができなかったと発表した。同社は、書類を偽造し他人の土地を無断で売却する犯罪に巻き込まれた可能性が高いとして、警察に被害届を提出した。

 積水ハウスが契約している不動産業者が土地所有者から購入し、直ちに積水ハウスに転売する形式の取引。積水ハウスは6月1日に63億円を契約業者に支払い、法務局に所有権移転の登記を申請した。

 しかし所有者側が提出した書類に偽造が見つかったため、同月9日に登記申請が拒否されたという。

 積水ハウスは「警察の捜査に全面協力するとともに、支払い済みの代金の回収手続きに注力する」とコメントしているが、契約業者から購入代金の支払いを受けた所有者側とは連絡が取れなくなっているという。

「産経WEST」のランキング