産経WEST

【衝撃事件の核心】運送業界〝闇制度〟のカラクリ 「運転すればするほど収入に」過労運転、重大事故の温床に捜査のメス

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
運送業界〝闇制度〟のカラクリ 「運転すればするほど収入に」過労運転、重大事故の温床に捜査のメス

「個人償却制」と呼ばれる仕組み。運転手が売り上げからあらゆる経費を自己負担する代わりに、客から支払われる運送料の大半が収入となる 「個人償却制」と呼ばれる仕組み。運転手が売り上げからあらゆる経費を自己負担する代わりに、客から支払われる運送料の大半が収入となる

業界の「闇」徹底追及

 実は大阪府警は今年2月にも、個人償却制を悪用して会社名義のトラックを運転手に貸与し、無許可で運送業を営んだとして、大阪府泉佐野市の運送会社を摘発している。これに続く今回の事件着手で、府警は運送業界に蔓延する「闇」をあぶりだそうとしているのだ。

 さらに府警は今回の摘発を発表した直後の7月上旬、大阪運輸支局と大阪府トラック協会に、問題の是正を訴える異例の要請に踏み切った。運輸支局は業界全体へ指導強化する方針を明らかにし、トラック協会も「会員に周知徹底を図りたい」としている。

 大型のトラックを扱う運送業は、運転手のわずかなミスや気の緩みが、大事故につながりかねない。

 捜査幹部は「運転すればするほど収入につながるとなれば、過労運転が常態化することになる。重大事故の温床となってしまう危険をはらんでいることを認識してほしい」と訴えている。

関連トピックス

「産経WEST」のランキング