産経WEST

【衝撃事件の核心】運送業界〝闇制度〟のカラクリ 「運転すればするほど収入に」過労運転、重大事故の温床に捜査のメス

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
運送業界〝闇制度〟のカラクリ 「運転すればするほど収入に」過労運転、重大事故の温床に捜査のメス

「個人償却制」と呼ばれる仕組み。運転手が売り上げからあらゆる経費を自己負担する代わりに、客から支払われる運送料の大半が収入となる 「個人償却制」と呼ばれる仕組み。運転手が売り上げからあらゆる経費を自己負担する代わりに、客から支払われる運送料の大半が収入となる

 経営する運送会社で運送業の許可がない個人運転手に車両を貸与したなどとして、大阪府警は7月初め、貨物自動車運送事業法違反の疑いで、府内の運送会社を摘発したと明らかにした。この会社で導入されていたのは、運転手が売り上げから車両代や諸経費を負担する「個人償却制」と呼ばれるシステム。同社の運転手15人は表向き社員と扱われながら、実質的には運送業の許可を得ていない個人ドライバーとみなされたのだ。会社側、運転手側の双方に〝メリット〟があるとされ、業界では以前からみられた仕組みだが、警察当局は「過労運転や事故につながりかねない」と警鐘を鳴らす。

正社員の2倍の収入も

 府警に貨物自動車運送事業法違反(無許可経営)幇助(ほうじょ)容疑で逮捕されたのは、大阪府吹田市などで運送会社3社を経営する男性社長(58)=同法違反罪で起訴。社長は「個人償却制」で契約した運転手15人=同法違反容疑で書類送検=を事実上の下請けとして働かせる見返りに、仕事を仲介した手数料を受け取っていたとされる。

 捜査関係者によると、社長は吹田市、大阪府摂津市などで運送会社を経営するほか、九州でも事業を展開。熊本県内に営業所を設け、主に事業者間で機械部品や化学薬品などを運搬していた。

 これらの運送会社でとられていた「個人償却制」の仕組みはこうだ。

 運転手は、通常の社員と同様に会社がローン契約で購入したトラックを運転する。ただ、運転手らは、トラックのローンから運送にかかる高速代、ガソリン代や保険料など、あらゆる経費を自己負担する。その分、客から支払われる運送料の大半が運転手の収入となる、という仕組みだ。

続きを読む

関連トピックス

「産経WEST」のランキング