産経WEST

【衝撃事件の核心】「ウサギがほしいんだ」なぜかペットの飼育にこだわった結婚詐欺のニセ医者 その驚愕の理由とは

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
「ウサギがほしいんだ」なぜかペットの飼育にこだわった結婚詐欺のニセ医者 その驚愕の理由とは

女性が「運命の出会い」と感じた男性は、実はニセ医者だった。家族に紹介し、役所に婚姻届も提出したはずだったのだが… 女性が「運命の出会い」と感じた男性は、実はニセ医者だった。家族に紹介し、役所に婚姻届も提出したはずだったのだが…

 「運命の出会い」。男は医者だと名乗り、女性はすぐ恋に落ちた。同棲し、両親に引き合わせ、役所に婚姻届の提出もした。しかし引っかかることがあった。男はなぜか、ペットを飼うことにこだわったのだ。最初はウサギ。次が犬だった。その答えが分かったとき、女性はすべてを失っていた。ハワイ挙式は幻に終わり、心身を踏みにじられたとして女性は約750万円の損害賠償を求め、裁判所に訴訟を起こした。

「運命の人」ととんとん拍子

 関西地方在住の看護師、藤原美香さん=仮名=の訴えによると、出会いは今から3年前の平成26年4月、インターネットのチャットサイトがきっかけだった。

 医師だというAに好感を持ち、オフ会でも意気投合した。藤原さんは自分の職業について話し、京都の病院で実習を受けたことがあると伝えると、Aはこう言った。

 「今は大阪の病院で心臓外科医をしているけど、十数年前にはその京都の病院で働いていた」

 そして間髪を入れずにこう告げた。「実はその頃に君と一度会っているんだ。これは運命の出会いだから結婚を前提に付き合ってほしい」

 藤原さんは初対面でいきなり結婚の話をされたことにびっくりしたが、それ以上にAの気持ちをうれしいと思った。藤原さんも「運命」を感じていたのかもしれない。

 ほどなくして、1人暮らしの藤原さんの家に、Aが越してくる形で半同棲が始まり、とんとん拍子で結婚の準備が進んでいった。

 Aは「5月が自分の誕生日だから、それまでに入籍したい」と超のつくほど積極的だった。藤原さんも承諾した。その年の12月のハワイ挙式も予約した。

続きを読む

関連トピックス

「産経WEST」のランキング