産経WEST

【森友学園事件】「日本の夏、セミの声…」籠池容疑者、逮捕前に空見上げ「歌」詠む 妻は「お父さん、格好いい」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【森友学園事件】
「日本の夏、セミの声…」籠池容疑者、逮捕前に空見上げ「歌」詠む 妻は「お父さん、格好いい」

大阪地検特捜部の2度目の取り調べのため、自宅を出る「森友学園」前理事長の籠池泰典容疑者=7月31日午後1時28分、大阪府豊中市 大阪地検特捜部の2度目の取り調べのため、自宅を出る「森友学園」前理事長の籠池泰典容疑者=7月31日午後1時28分、大阪府豊中市

 大阪地検特捜部に詐欺容疑で逮捕された学校法人「森友学園」前理事長の籠池泰典(かごいけ・やすのり)容疑者(64)と妻の諄子(じゅんこ)容疑者(60)は、31日午後の出頭直前に大阪府豊中市の自宅内で複数のテレビ局の取材に応じ、心境を語っていた。

 白いワイシャツに水色のネクタイを締めた籠池容疑者は、居間の椅子に座って飲み物を飲むなどリラックスした様子。赤いシャツにスカート姿の諄子容疑者は籠池容疑者の身支度を整えながら、「お父さん、格好いい」などと声をかけていた。

 「きょう逮捕されるかもしれないが」という記者の問いに、籠池容疑者は「帰ってきますよ、そのつもりでいます」「2回目(の出頭)なので多少のゆとりはある」などと語った。一方で「いずれにしても国策捜査だ」と批判の声も上げた。

 午後1時半ごろ、玄関を出た籠池容疑者は神妙な顔つきで空を見上げ、「日本の夏、セミの声、今静かにして、陽の下に宿れるなり。わが心、その宿れるなりと同じき安き心にある」などと歌を詠み、自身の心境を語った。その後、大勢の報道陣が待ち構える自宅前から車に乗り、大阪地検へと向かった。

このニュースの写真

  • 「日本の夏、セミの声…」籠池容疑者、逮捕前に空見上げ「歌」詠む 妻は「お父さん、格好いい」

関連トピックス

「産経WEST」のランキング