産経WEST

【高校野球】大阪“公立の雄”大冠が決勝へ 初の甲子園まであと1勝 相手は甲子園春夏連覇を目指す大阪桐蔭だ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【高校野球】
大阪“公立の雄”大冠が決勝へ 初の甲子園まであと1勝 相手は甲子園春夏連覇を目指す大阪桐蔭だ

決勝進出を決めスタンドへ挨拶に向かう大冠ナイン。後ろは敗れた上宮ナイン=大阪シティ信用金庫スタジアム(水島啓輔撮影) 決勝進出を決めスタンドへ挨拶に向かう大冠ナイン。後ろは敗れた上宮ナイン=大阪シティ信用金庫スタジアム(水島啓輔撮影)

 全国屈指の激戦区、大阪で公立校が甲子園まであと1勝に迫った。第99回全国高校野球選手権大会の大阪大会準決勝第1試合で、大冠(おおかんむり)が上宮を3-1で破り、公立校として第80回記念大会北大阪大会での桜塚以来となる決勝進出を果たした。春夏通じて初の甲子園切符を懸け、30日午後1時から大阪シティ信用金庫スタジアム(大阪市此花区)で行われる決勝で、甲子園春夏連覇を目指す大阪桐蔭に挑む。

 大冠は3回戦で今春の近畿大会準優勝の東海大仰星を8-4で退けると、5回戦では2年前の優勝校、大阪偕星(かいせい)学園を3-2で撃破した。この日の準決勝では三回に二塁打2本で1点を先取し、五回にも連続適時打で2点を追加。投げては左腕の丸山が上宮打線を1点に抑えて完投した。

 大冠は大阪府高槻市にある府立高校。1986年に島上(現・槻の木)の分校として開校し、95年に大冠として独立した。主な卒業生にお笑いコンビ「シャンプーハット」のこいでがいる。野球部は近年、「公立の雄」として名を馳せ、2年前の第97回大会では4強入りしている。

「産経WEST」のランキング