産経WEST

電磁波が…韓国、被害を「測定するな」 THAAD反対派の手のひら返す主張にメディアもあきれ…

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


電磁波が…韓国、被害を「測定するな」 THAAD反対派の手のひら返す主張にメディアもあきれ…

韓国東部の慶尚北道星州郡に配備された米軍の高高度防衛ミサイル(THAAD)の発射機(AP) 韓国東部の慶尚北道星州郡に配備された米軍の高高度防衛ミサイル(THAAD)の発射機(AP)

 韓国・星州に配備された米軍の最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」をめぐり、要求を翻すTHAAD反対派に政府が翻弄されている。反対派住民が主張する「電磁波の被害」の有無を調べるため、政府(国防部)が配備地域周辺の電磁波をいざ測定しようとしたところ、反対派が「一方的で欺瞞(ぎまん)的な電磁波測定を取り消せ」と強硬に反対。これを受け国防部は測定を取りやめてしまった。韓国の大手メディアは「国防部は弱腰だ」「情けない」とこの状況を一斉に批判しており、THAAD配備問題が軌道に乗るにはまだ時間がかかりそうだ。

 ■電磁波マクワウリ

 THAADは米国が開発した弾道ミサイル迎撃システムで、今年4月にレーダーと誘導官制システム、発射システムなどが韓国東南部の慶尚北道(キョンサンプクト)・星州(ソンジュ)郡内のゴルフ場に配備された。

 しかし地元では、配備計画が明らかになった昨年7月から住民や左派団体が猛反発。レーダーから出る電磁波が身体に被害を及ぼすと主張したのだ。

 同地はマクワウリの産地で、韓国の左派系紙ハンギョレ(電子版)は住民の声として「星州マクワウリは既に『電磁波マクワウリ』といわれている。町を滅ぼすつもりか」と、健康被害に加え風評被害をも懸念する声を取り上げた。

わがまま自己中な理由ばかり…首相に生卵を、左派の大統領誕生なのに一転し

「産経WEST」のランキング