産経WEST

国内初の完全撤去へ 熊本・荒瀬ダム発電所の解体開始

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


国内初の完全撤去へ 熊本・荒瀬ダム発電所の解体開始

解体作業が始まった藤本発電所建屋=28日午前、熊本県八代市 解体作業が始まった藤本発電所建屋=28日午前、熊本県八代市

 熊本県は28日、国内初となる県営荒瀬ダム(八代市)の完全撤去作業の一環として、球磨川の約2キロ下流にある藤本発電所建屋の解体作業を始めた。平成24年9月から取り組んでおり、来年3月までに全ての構造物を撤去することを目標にしている。

 発電所の建屋を除くと、残る主要な構造物は右岸の長さ約10メートル、高さ約25メートルの堤体と長さ約40メートルの取水施設、発電所近くの調圧水槽になる。右岸の堤体は撤去予定だったが、遺構として残すために県が川の管理者の国と協議している。

 藤本発電所は、鉄筋コンクリート製の地上2階、地下3階建てで、昭和29年12月~平成22年3月に稼働。県によると最大出力は1万8200キロワットで、年間供給電力は一般家庭約2万世帯の1年間の使用量に相当した。

 荒瀬ダムは熊本県が昭和30年、球磨川に建設した発電専用ダム。老朽化に加え、アユがすむ川の水質悪化の原因になっているとして、ダムを撤去し自然の状態に戻す作業が続けられている。

「産経WEST」のランキング