産経WEST

【九州北部豪雨】1600世帯断水の朝倉市、水道復旧進む 飲用可能か判断

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【九州北部豪雨】
1600世帯断水の朝倉市、水道復旧進む 飲用可能か判断

 九州北部の豪雨で大きな被害が出た福岡県朝倉市で水道復旧に向けた作業が進んでいる。約1600世帯が断水した杷木地区の大半で試験的な通水が行われており、市は28日、飲用可能かどうか判断する。

 杷木地区では浄水場が被災し、水道管が破損。市は、北九州市から借りた移動式のろ過装置を設置するとともに水道管を順次修復、19日から試験通水を始めた。ただし、水質などに不安が残るため、当面は飲用水とはせず、外部機関による水質調査を進めていた。

 朝倉市の担当者は「今のところ特段の問題は見つかっていない」としており、今後、浄水場のほか、通水していない一部地域の水道管の修復を進め、全面復旧を目指す。

関連トピックス

「産経WEST」のランキング