産経WEST

【弁護士会 矛盾の痕跡(4)】革命闘争「荒れる法廷」には甘い顔 日弁連がさらした弁護士自治の無力…過激派側弁護士を〝野放し〟

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【弁護士会 矛盾の痕跡(4)】
革命闘争「荒れる法廷」には甘い顔 日弁連がさらした弁護士自治の無力…過激派側弁護士を〝野放し〟

東大安田講堂事件、さらに連合赤軍事件、連続企業爆破事件…。社会を揺るがせた不法な反権力闘争は法廷に持ち込まれ、裁判遅延を目的に不出頭、退廷を繰り返す「荒れる法廷」が横行した。日本弁護士連合会の「弁護士自治」の無力さを社会にさらすことにも― 東大安田講堂事件、さらに連合赤軍事件、連続企業爆破事件…。社会を揺るがせた不法な反権力闘争は法廷に持ち込まれ、裁判遅延を目的に不出頭、退廷を繰り返す「荒れる法廷」が横行した。日本弁護士連合会の「弁護士自治」の無力さを社会にさらすことにも―

前のニュース

 約半世紀前、「革命」の名の下に不法な反権力闘争が跋扈(ばっこ)した時代があった。

 彼らの闘争は法廷にも持ち込まれた。裁判遅延を目的に不出頭、退廷を繰り返す「荒れる法廷」。これを主導した弁護士に対し、弁護士自治を掲げる日本弁護士連合会(日弁連)はどう向き合ったのか。

「裁判史上の汚点」

 「これは裁判史上の汚点になる」。昭和44(1969)年、東京地裁。事態に直面した少なからぬ裁判官がそう痛感した。

 70年安保闘争を背景に、学生らがキャンパスを占拠した東大安田講堂事件。機動隊と衝突し、起訴された学生の数は実に約600人に及んだ。大量の学生被告の裁判について東大闘争弁護団が要求したのは、全員を一カ所に集めて審理する「統一公判」だった。

 「学生たちがなぜこんな行動をしたのか。根本を明らかにしない限りは裁判にならないと考えた」。弁護団のメンバーだった葉山岳夫(80)=第二東京弁護士会=は振り返る。

 だが、東京地裁は「裁判官の認識能力の限界を超える」として統一公判を受け入れず、被告を大学やセクトごとのグループに分ける現実的な方式をとった。

 44年5月から順次、始まった公判。刑務所や拘置所では被告が「分割公判粉砕!」を叫び、全裸になって便器にしがみつき、出廷を拒んだ。出廷しても傍聴人と呼応し、やじやシュプレヒコールを連発した。

 裁判長から退廷命令を受けた被告、傍聴人らは数百人規模に達した。弁護団も「統一公判実現」を繰り返し、裁判官忌避を申し立てて集団退廷もした。

続きを読む

弁護士会のニュース

弁護士会の写真

  • 【弁護士会 憲法学「信仰」(下)】憲法解釈栄えて国滅ぶ…護憲派結束、東大法学部が新憲法の守護神に 弁護士会の中枢に「教え子」
  • 【弁護士会 憲法学「信仰」(中)】「国家イコール悪」司法試験を経てすり込まれる硬直的な国家観 現行憲法絶対視の呪縛 
  • 【弁護士会 憲法学「信仰」(上)】「憲法を守り、憲法を愛する」日本の防衛そっちのけで護憲布教…過剰左傾、東大法学部系学者「思想」そのままに  
  • 【弁護士会 矛盾の痕跡(5完)】「自衛隊反対、日米安保条約反対」東西冷戦・イデオロギー闘争下で日弁連の左傾化加速…最高裁の〝タカ派〟長官に対抗
  • 【弁護士会 矛盾の痕跡(4)】革命闘争「荒れる法廷」には甘い顔 日弁連がさらした弁護士自治の無力…過激派側弁護士を〝野放し〟
  • 【弁護士会 矛盾の痕跡(3)】「人権蹂躙課長だな」国旗・国歌で教育現場に圧力 日弁連、法制化に声明「過去のいまわしい戦争を想起させる」
  • 【弁護士会 矛盾の痕跡(2)】〝情緒司法〟韓国焚きつけ 「解決済み」の戦後補償…人権派は日本の「非」強調、事実検証なく歴史も断罪
  • 【弁護士会 矛盾の痕跡(1)】「北朝鮮に腰が引けている」拉致に冷淡、「朝鮮人=被害者」以外は沈黙…〝人権派〟が朝鮮総連と強固なネットワーク
  • 【弁護士会 「左傾」の要因(5完)】政治闘争の一方で権益拡大のため与野党と〝全方位外交〟 「立場」使い分ける日弁連
  • 【弁護士会 「左傾」の要因(4)】実は会長8割が無投票、豊富な会費収入で政治闘争 高まる若手の不満「左右でなく上下に分裂する」
  • 【弁護士会 「左傾」の要因(3)】日弁連〝訴訟不敗〟、政治闘争に「お墨付き」与えた裁判所 「自制論」ことごとく退け
  • 【弁護士会 「左傾」の要因(2)】「色に染まった」委員会が主導する政治的声明 「反対できない」単位会元会長が吐露

「産経WEST」のランキング