産経WEST

大阪・ミナミのコスプレバー摘発 無許可で接待行為の疑い、経営者ら逮捕

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


大阪・ミナミのコスプレバー摘発 無許可で接待行為の疑い、経営者ら逮捕

 無許可で女性従業員に客を接待させたとして、大阪府警南署は26日、風営法違反(無許可営業)の疑いで、大阪市中央区宗右衛門町のバー「カルテット」を摘発し、経営者の中野久和容疑者(39)=同市浪速区敷津東=ら2人を逮捕したと発表した。

 同署によると、この店はアニメやゲームをテーマにしたバーで、本来なら接客行為はできないが、女性従業員がコスプレをするなどして接客していた。中野容疑者は「接客をしないと売り上げが上がらなかった」と容疑を認めているという。

 逮捕容疑は25日午後、府公安委員会の許可を受けずに女性従業員に対し、男性客と談笑し、飲み物を出すなどの接待行為をさせたとしている。

 中野容疑者は、大阪市中央区や浪速区でメイドカフェやコスプレバーを20店舗以上経営。今年1月、この店が接客行為をしているとの情報を得て同署が捜査を開始し、2月に接客行為を止めるよう中野容疑者に誓約書を書かせたが、その後も継続していたため摘発に踏み切ったという。

「産経WEST」のランキング