産経WEST

【弁護士会 矛盾の痕跡(2)】〝情緒司法〟韓国焚きつけ 「解決済み」の戦後補償…人権派は日本の「非」強調、事実検証なく歴史も断罪

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【弁護士会 矛盾の痕跡(2)】
〝情緒司法〟韓国焚きつけ 「解決済み」の戦後補償…人権派は日本の「非」強調、事実検証なく歴史も断罪

先の大戦をめぐる日本の戦後補償の主な流れ。日本弁護士連合会は戦後50年の「宣言」で、日本の戦前・戦中の加害行為を一方的に断罪、被害回復の措置も不十分だと打ち出し、「解決済み」の戦後補償問題が韓国で蒸し返される流れにもつながった 先の大戦をめぐる日本の戦後補償の主な流れ。日本弁護士連合会は戦後50年の「宣言」で、日本の戦前・戦中の加害行為を一方的に断罪、被害回復の措置も不十分だと打ち出し、「解決済み」の戦後補償問題が韓国で蒸し返される流れにもつながった

前のニュース

 4月28日、韓国の首都ソウルで市民団体「対日抗争期強制動員被害者連合会」が開いた記者会見。日本の朝鮮半島統治時代に強制労働させられたとする朝鮮人徴用工の像を、ソウルなどの慰安婦像の隣に設置すると発表した。徴用工の名誉回復や日本の謝罪・賠償の実現が目的という。

 徴用とは、国家総動員法に基づく昭和14年の国民徴用令によって国民に等しく課された労務で、朝鮮半島居住者への適用は19年9月からの実質7カ月だったとされる。日本に統治された屈辱を背負う韓国では強制連行・労働という言葉で日本の加害性が強調されるが、実態を反映したものではない。

 元徴用工への補償に関しても、日本政府は「1965年の日韓基本条約と日韓請求権協定で解決済み」との立場。同協定は韓国が対日請求権を放棄する一方、日本は韓国に5億ドル相当の経済協力を行うとした。韓国政府も2005年、「徴用工など強制動員問題への補償は1965年の経済協力金に含まれている」との見解をまとめている。

 にもかかわらず、韓国最高裁は2012年、「国家の請求権が放棄されても、個人の請求権は消滅していない」との判断を示した。韓国ではその後、元徴用工らが日本企業側に損害賠償を求めた訴訟で勝訴するケースが相次いでいる。

 慰安婦問題でもみられるように、両国が「解決済み」とした元徴用工問題がなぜ蒸し返されるのか。それは“情緒”が司法判断さえ左右する韓国の風潮に加え、原告側が「良心的勢力」と位置付ける日本弁護士連合会(日弁連)や人権派弁護士らの存在がある。

続きを読む

弁護士会のニュース

弁護士会の写真

  • 【弁護士会 矛盾の痕跡(5完)】「自衛隊反対、日米安保条約反対」東西冷戦・イデオロギー闘争下で日弁連の左傾化加速…最高裁の〝タカ派〟長官に対抗
  • 【弁護士会 矛盾の痕跡(4)】革命闘争「荒れる法廷」には甘い顔 日弁連がさらした弁護士自治の無力…過激派側弁護士を〝野放し〟
  • 【弁護士会 矛盾の痕跡(3)】「人権蹂躙課長だな」国旗・国歌で教育現場に圧力 日弁連、法制化に声明「過去のいまわしい戦争を想起させる」
  • 【弁護士会 矛盾の痕跡(2)】〝情緒司法〟韓国焚きつけ 「解決済み」の戦後補償…人権派は日本の「非」強調、事実検証なく歴史も断罪
  • 【弁護士会 矛盾の痕跡(1)】「北朝鮮に腰が引けている」拉致に冷淡、「朝鮮人=被害者」以外は沈黙…〝人権派〟が朝鮮総連と強固なネットワーク
  • 【弁護士会 「左傾」の要因(5完)】政治闘争の一方で権益拡大のため与野党と〝全方位外交〟 「立場」使い分ける日弁連
  • 【弁護士会 「左傾」の要因(4)】実は会長8割が無投票、豊富な会費収入で政治闘争 高まる若手の不満「左右でなく上下に分裂する」
  • 【弁護士会 「左傾」の要因(3)】日弁連〝訴訟不敗〟、政治闘争に「お墨付き」与えた裁判所 「自制論」ことごとく退け
  • 【弁護士会 「左傾」の要因(2)】「色に染まった」委員会が主導する政治的声明 「反対できない」単位会元会長が吐露
  • 【弁護士会 「左傾」の要因(1)】「反改憲」が日弁連会長選の公約トップ 「左派色最も強い」会派がサポート…「ウルトラ保守」政治家への献金で波乱
  • 【弁護士会 政治闘争(6完)】出席2.1%で死刑廃止宣言 「被害者の権利根こそぎ奪う」渦巻く批判…組織に深刻な亀裂
  • 【弁護士会 政治闘争(5)】「直ちに廃止」先鋭化した〝脱原発〟 「政治でなく法的スキームの問題」…科学、国益考慮せず

関連トピックス

「産経WEST」のランキング