産経WEST

加古川の女性突き落とし、殺人罪など一部無罪判決 神戸地裁支部「自殺の可能性」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


加古川の女性突き落とし、殺人罪など一部無罪判決 神戸地裁支部「自殺の可能性」

 兵庫県加古川市で平成27年9月、ビル5階からスナック経営者の女性=当時(32)=を落として殺害したなどとして、殺人や暴行、脅迫の罪に問われた指定暴力団神戸山口組系組員、大道竜二被告(52)の裁判員裁判の判決公判が24日、神戸地裁姫路支部で開かれた。木山暢郎裁判長は「女性が自殺した可能性を否定できない」などとして、殺人、脅迫罪について無罪を宣告。暴行罪で懲役1年4月を言い渡した。検察側は懲役22年を求刑していた。

 木山裁判長は判決理由で、精神的に不安定だった女性が死亡直前、被告と口論になっていたと指摘。転落時の目撃証言がないことや遺体の状況などから、「被告が女性を転落させた直接的証拠はなく、とっさに飛び降り自殺した可能性を排除できない」とした。

 女性を電話で「殺してもうたろか」と脅したとする脅迫罪についても、「2人は交際しており、痴話げんかの中の暴言の域を出ない」と判断した。

 大道被告は27年8月8日に電話で女性を脅迫したほか、9月22日には加古川市内のビル1階で女性の背中を蹴った後、5階から転落死させたとして起訴されていた。

 神戸地検姫路支部の植村誠支部長は「判決内容を精査し、上級庁と協議の上、適切に対応したい」とコメントした。

関連トピックス

「産経WEST」のランキング