産経WEST

“世界一狭い海峡”「小豆島クルーズ」運航開始 所要時間45分、無料、保険料300円のみ!

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


“世界一狭い海峡”「小豆島クルーズ」運航開始 所要時間45分、無料、保険料300円のみ!

世界一狭い海峡「土渕海峡」を通過するクルーズ船=香川県土庄町 世界一狭い海峡「土渕海峡」を通過するクルーズ船=香川県土庄町

 香川県・小豆島の本島と前島を隔てる世界一狭い海峡、土庄町の「土渕海峡」に更なる観光客を誘致しようと、同町は22日、同海峡と干潮時に砂州で沖合の小島と陸地がつながる「エンジェルロード」を周遊する「小豆島クルーズ」の運航を始めた。

 同クルーズは小型船「GUINNESSII」(1トン、乗客定員6人)で、土庄港第2号浮桟橋を出発し同海峡を通過して「エンジェルロード」を船上から見物する。所要時間は45分でガイドの案内がある。実証実験として運航し、今後の計画の参考にする。

 この日は同桟橋で出発式が行われ、テープカット後に乗船客が乗ると、三枝邦彦町長が銅鑼(どら)を打ち鳴らして「小豆島クルーズ、ただ今から第1便が出港します」と合図した。

 運航は1日2便(29日~8月3日は増便有り)を8月27日まで。同海峡は狭いため両島をつなぐ「永代橋」の下が通過できないなど潮位の影響を受けるので運航ダイヤは不定期となっている。

 同町は、同海峡の横断証明書を年間約7千枚発行、エンジェルロードへは年間約23万人が訪れていることから「新たな楽しみ方に期待している」としている。

 乗船料は無料だが保険料金として300円が必要。ダイヤや予約の問い合わせは「小豆島クルーズ」((電)090・1325・3286)。

「産経WEST」のランキング