産経WEST

【関西の議論】〝中国四千年〟が「断絶の歴史」だから新鮮? 有名観光地に飽きた富裕層が押し寄せるマイナースポット

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【関西の議論】
〝中国四千年〟が「断絶の歴史」だから新鮮? 有名観光地に飽きた富裕層が押し寄せるマイナースポット

江戸時代の風情が残る大阪府富田林市の「富田林寺内町」。府内唯一の「重要伝統的建造物群保存地区」で、有名な観光スポットに飽きた中国人富裕層たちが押し寄せているという 江戸時代の風情が残る大阪府富田林市の「富田林寺内町」。府内唯一の「重要伝統的建造物群保存地区」で、有名な観光スポットに飽きた中国人富裕層たちが押し寄せているという

 訪日外国人の人気観光地といえば、伏見稲荷大社(京都市伏見区)や梅田スカイビル(大阪市北区)などが有名だろう。そんなスポットに行き尽くした中国人富裕層たちの間で今、江戸時代の街並みが残る大阪府富田林市の「富田林寺内町」が評判になっているらしい。大阪府内では唯一の「重要伝統的建造物群保存地区」ではあるが、観光地としての知名度は伏見稲荷大社などと比べるとはるかにマイナーな存在。失礼ながら、地元の大阪府民の知名度もそう高くはないローカルスポットに、中国人富裕層が大挙して訪れるワケを探ってみると…。(藤崎真生)

富裕層に抜群の人気…富田林寺内町

 「ここに招いてはずしたことはないですよ」

 富田林寺内町について、そう太鼓判を押すのは訪日外国人向けの旅行会社「彩里旅遊」を経営する水谷浩さん(59)=大阪府吹田市=だ。

 同社の顧客は華僑や中国人富裕層の会社経営者らが多く、年齢層のメーンを占めるのは30~60代。1人から最大で10人程度の少人数のツアーを企画し、団体ツアーでは得られないきめ細やかなサポートで、顧客を獲得している。

 水谷さん自身が中国人富裕層たちのガイドを担当しているが、関西各地のツアーの中でも富田林寺内町の評判が抜群なのだ。

 顧客として訪れたある中国の銀行幹部の妻は「『映画のセット』ではなく、何百年も前の木造の街並みがそのまま残っている。しかも、そこに人が実際に住んでいるのが素晴らしい」と感嘆した。

 別の顧客も「保存状態が素晴らしい」と語った。中国人にとって、時の政府の保護を受けるのではなく、一般の個人の住宅が昔のままの姿で残っていることが新鮮なのだ。

続きを読む

このニュースの写真

  • 〝中国四千年〟が「断絶の歴史」だから新鮮? 有名観光地に飽きた富裕層が押し寄せるマイナースポット
  • 〝中国四千年〟が「断絶の歴史」だから新鮮? 有名観光地に飽きた富裕層が押し寄せるマイナースポット
  • 〝中国四千年〟が「断絶の歴史」だから新鮮? 有名観光地に飽きた富裕層が押し寄せるマイナースポット

関連トピックス

「産経WEST」のランキング