産経WEST

【宝塚歌劇団】星組公演「オーム・シャンティ・オーム-恋する輪廻-」紅ゆずる「お客さまと楽しみたい」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【宝塚歌劇団】
星組公演「オーム・シャンティ・オーム-恋する輪廻-」紅ゆずる「お客さまと楽しみたい」

星組トップ、紅ゆずる(右)と相手役の綺咲愛里(左) 星組トップ、紅ゆずる(右)と相手役の綺咲愛里(左)

 宝塚歌劇団の星組トップ、紅(くれない)ゆずる主演「オーム・シャンティ・オーム-恋する輪廻-」(脚本・演出、小柳奈穗子氏)の公開舞台稽古が21日、大阪市北区の梅田芸術劇場メインホールで行われた。大ヒットしたボリウッド(インド)映画をミュージカル化。この日は原作を手掛けたファラー・カーン監督が訪れ、宝塚とともに紅を絶賛した。

 稽古後の取材でカーン監督は「私の映画をここまでにしていただいて、言葉がない。本当にありがとうございます。ヒーロー(紅)が素晴らしい。男も女も関係ない。感激しました」と、何度も紅の肩に触れ、女性だけの劇団の舞台への感動を表現した。

 さらにボリウッドのトップ舞踊監督は「ダンスも素晴らしかった。インド映画に連れていきたい。次の映画は日本で、ということも視野に入れています」と話した。

 紅は、相手役の綺咲愛里(きさき・あいり)を見て、「私たちは2人とも関西人。日本も(熱く)インターナショナルな地だと思うので、原作の熱さをそのままに、私たちもお客さまと楽しみたい」と笑顔で語った。

 1970年代と現代のインド映画界を舞台に、主人公オームを軸に笑い、涙、ホラー要素も交えて描く。今年1月に東京で上演された、紅のプレお披露目公演の再演。今回は新たな出演者が加わり、内容をブラッシュアップし、観客参加型のアンコールも用意されている。

 “宝塚版”を手掛けた小柳氏は「原作のゴージャスさに迫れるように作りました。最後はお客さまも一緒にマサラ・パラダイスを楽しんでほしい」。紅も「観客の皆さんが、やるべきことをしないと成り立たない(笑)。見ようかな、ではなく一緒に汗を流すつもりで、立つぞ、ぐらいの意気込みで楽しんでください」とアピールしていた。

 同公演は22日~8月7日、梅田芸術劇場メインホールで。

このニュースの写真

  • 星組公演「オーム・シャンティ・オーム-恋する輪廻-」紅ゆずる「お客さまと楽しみたい」

「産経WEST」のランキング