産経WEST

【ビジネスの裏側】関空-USJ-任天堂の「好調トライアングル」…関西経済牽引に期待

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【ビジネスの裏側】
関空-USJ-任天堂の「好調トライアングル」…関西経済牽引に期待

関西国際空港に設置された任天堂のゲーム機を体験できるコーナー 関西国際空港に設置された任天堂のゲーム機を体験できるコーナー

USJにマリオ登場

 28年度の入場者が過去最高の1460万人となったUSJは、ライバルの東京ディズニーリゾート(千葉県浦安市)を激しく追い上げている。その切り札になるのが、32年開業予定のマリオなどが登場する新エリアだ。

 過去最高となる600億円超を投資し、人気ゲーム「マリオカート」をテーマにした乗り物型アトラクションのほか、物販店や飲食店などを集め、任天堂のゲームの世界観を楽しめるエリアにする。

 6月8日には着工式が行われ、本格的に工事がスタートした。USJ運営会社のジャン・ルイ・ボニエ最高経営責任者(CEO)は「だれも体験したことのないような魅力を提供できる。入場者を数百万人は上乗せできるはずだ」との見通しを示した。

 任天堂にとってもキャラクター資産を活用したビジネス拡大の好機となる。任天堂エリアはUSJ以外にも米国の2カ所のユニバーサル・スタジオで建設が予定されており、先行オープンするUSJでの成否が試金石となる。

続きを読む

このニュースの写真

  • 関空-USJ-任天堂の「好調トライアングル」…関西経済牽引に期待

関連トピックス

「産経WEST」のランキング