産経WEST

【世界を読む】韓国経済界のガマンも“限界”…中国のTHAAD報復で現代自動車5千億円、ロッテ500億円の大損

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【世界を読む】
韓国経済界のガマンも“限界”…中国のTHAAD報復で現代自動車5千億円、ロッテ500億円の大損

7月6日、ドイツでの首脳会談で握手する中国の習近平国家主席(右)と韓国の文在寅大統領。文氏の報復是正の求めは習氏にかわされた(聯合=共同) 7月6日、ドイツでの首脳会談で握手する中国の習近平国家主席(右)と韓国の文在寅大統領。文氏の報復是正の求めは習氏にかわされた(聯合=共同)

 ハンギョレ新聞(同)によると、THAAD報復による韓国企業の被害は今年上半期だけで数兆ウォン(数千億円)にふくらんでいるという。ロッテは中国国内の営業店に対する当局の消防点検と営業停止措置で5千億ウォン(約500億円)の被害があり、現代・起亜自動車は上半期に5兆ウォンの売上高が失われたといわれる。

 聯合ニュース(同)によると、現代・起亜自グループは6月に中国で現代自が約3万5千台、起亜自で1万7千台を販売したが、それぞれ前年同期の64%減と62%減となった。両社合わせて今年末までに中国市場での販売目標は195万台と設定してきたが、その6割以上を失う可能性もあるとされる。これで世界販売も目標の825万台を大きく下回る700万台前後にとどまるとの見通しもでている。

陰謀論も

 中国で韓国製バッテリーを搭載した電気自動車が補助金支給対象から外されたため、中国工場の稼働中止など大きな被害を受けているサムスンやLGなど電池業界には陰謀をにおわす指摘も浮上している。

韓国、世界貿易機関で中国THAAD報復2度も提起したが

関連トピックス

「産経WEST」のランキング