産経WEST

【九州北部豪雨】仮設住宅着工 57戸、来月にも入居可能に 発生2週間、捜索続く

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【九州北部豪雨】
仮設住宅着工 57戸、来月にも入居可能に 発生2週間、捜索続く

 福岡県は19日、九州北部の豪雨により大きな被害を受けた朝倉市と東峰村で、仮設住宅の建設工事に着手する。計57戸を1カ月程度で完成させ、早ければ8月中旬から被災者に入居してもらう予定だ。

 豪雨は19日で発生から2週間が経過。なお7人と連絡が取れておらず、自衛隊員や消防隊員による捜索が続いた。

 仮設住宅は朝倉市の杷木小学校のグラウンドに40戸、東峰村の旧宝珠山小のグラウンドに17戸建てる。うち東峰村の2戸はバリアフリー型とする。それぞれの場所に集会所の建物も設ける。

 構造は全て木造で、間取りは1DK、2DK、3Kの3タイプ。県の担当者は「温かみのある住まいにして、被災者のストレスを少しでも軽減したい」と語る。19日は縄やビニールひもで建物の配置を確定する作業や、砕石の敷き込みを実施。

 県は、両市村が被災者から必要性を聞き取った調査結果に基づき戸数を決めた。要請があれば追加の建設も検討するとしている。

 一方、大分県は仮設住宅を造らず、民間賃貸住宅を行政が借り上げて被災者に提供する「みなし仮設住宅」や公営住宅で対応する。

 被害の大きかった日田市では、みなし仮設住宅30戸以上と公営住宅40戸の無償提供をこれまでに決定。みなし仮設住宅に11世帯、公営住宅に60世帯の応募が18日までにあった。

関連トピックス

「産経WEST」のランキング