産経WEST

【鬼筆のスポ魂】金本監督早期続投要請のワケ-「若トラ」育成への最善手、辞めさせる理由なく辞められては困る理由ばかり…

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【鬼筆のスポ魂】
金本監督早期続投要請のワケ-「若トラ」育成への最善手、辞めさせる理由なく辞められては困る理由ばかり…

阪神の金本知憲監督=阪神甲子園球場(岩川晋也撮影) 阪神の金本知憲監督=阪神甲子園球場(岩川晋也撮影)

 岡田彰布元監督なら球団首脳を大刷新せねばならず、和田前監督の復帰も現実的ではない。掛布雅之2軍監督の昇格も現段階で阪急阪神ホールディングス首脳は考えておらず、辞めさせる理由はなくても辞められては困る理由ばかりがそろっていた。続投が阪神にとって最善手だとすれば続投要請も雑音や邪魔が入る前にやっておこうと思ったのだろう。

“印籠”を確認? 1軍も2軍も「鉄人方式」の練習を

 今後は球団首脳と金本監督の来季以降についての構想のすり合わせとなるわけだが、契約期間やフリーエージェント補強、ドラフト戦略よりも最大のポイントは1軍と2軍の関係性になるのではないか。阪神は長い歴史の中で権限が定められている。監督人事はオーナーの専権事項。1軍の選手起用や練習メニューの指示は1軍監督で、2軍の育成プランや練習方法は2軍監督と球団の管轄となる。

 つまり、若手育成を最大テーマに掲げる金本監督なのに、育成の“一丁目一番地”であるはずの2軍の練習方法や起用法には直接的に口を出せないシステムなのだ。広島カープ方式の激しく厳しい練習を理想とする金本監督がその現状にどんな思いを抱いているのか。坂井オーナーからチーム改革の継続を託されたということは言ってみれば“印籠”を確認したわけで、1軍も2軍も鉄人方式の練習を強く望むのではないだろうか。

 金本監督には契約期間やお金に関する強い執着心は感じられない。しかし、野球に関する考え方は妥協を許さない。チーム強化への強い信念があり、オーナーのお墨付きがあるだけに、球団首脳は対応に最大限の神経を使うだろう。そもそも長期契約を断った理由が、2シーズンを終えた時点のチーム改革における発言権の強化だったとすれば、鉄人はなかなかの先見性の持ち主といえる。

(特別記者)

「産経WEST」のランキング