産経WEST

【虎のソナタ】「ウル虎の忍者」西岡にワクワク

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【虎のソナタ】
「ウル虎の忍者」西岡にワクワク

甲子園球場近くのコンビニにもサンスポ特別版「猛虎熱狂!!~いざ勝負の夏~」が置かれていた 甲子園球場近くのコンビニにもサンスポ特別版「猛虎熱狂!!~いざ勝負の夏~」が置かれていた

 なんじゃ、その「忍者市」とは? ご存じない方のために説明しておく。今年2月22日に西垣戸記者の故郷、三重県伊賀市が「忍者市」宣言をした。別に市の正式名称を変更したわけではないが、日本全国に知ってもらおうと、そういうニックネーム? としたのだ。その忍者市出身としてはこういう機会をとらえて故郷をPRしようと「西岡選手が忍者ぶりを発揮してくれれば虎は勝ちマス」というわけだ。

 一回はいきなり野村の初球をセーフティバントを試みたりしたが、最初の2打席“音無し”のかまえ。四回に鳥谷-糸原-梅野が二死から3長短で逆転したその直後の五回に、メッセが鈴木への四球の判定に“炎上”しかかると、すぐ一塁からすっとんできてサッサッとなだめ、メッセの気分をやわらげる動きなどはさすがはベテランらしい頼もしさだ。その裏、先頭で中前へ1年ぶりのワザありの復活ヒットを放って「ウル虎の忍者」の片リンをのぞかせた。

ニヤリ、クセ者復活

 とにかく転んでもタダでは起きないクセ者ぶりは、目にみえないプラスα効果がある。それに七回の打席では痛みの残る死球だが、ニヤリとして少しも痛がるそぶりもみせず笑顔さえみせて手をたたきながら一塁へ…そのムードメーカーぶりの忍者復活は“これから”にワクワク感を生む。コレデスよコレ…粘っこいタイガースを待っていたんだ。

続きを読む

「産経WEST」のランキング