産経WEST

【軍事ワールド】韓国の新型K2戦車、泥沼の裁判沙汰へ 性能不足で軍とメーカーが対立

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【軍事ワールド】
韓国の新型K2戦車、泥沼の裁判沙汰へ 性能不足で軍とメーカーが対立

訓練中のK2戦車(韓国陸軍HPより) 訓練中のK2戦車(韓国陸軍HPより)

 韓国の新型戦車「K2(黒豹=フクピョ)」の開発が失敗に終わろうとしている。開発開始(1995年)から20年以上たつものの、エンジンの大出力を駆動系に伝える変速機の開発がうまくいかず、試作品は国(防衛事業庁)の試験に落第また落第。ついに変速機の生産メーカーS&T重工業が「試験方法や性能要求が厳しすぎる」として防衛事業庁を訴えたのだ。現地メディアによるとS&T社は本訴も予告しているといい、国産戦車開発は“泥沼”にはまり込んだ格好だ。(岡田敏彦)

赤点は誰のせい?

 訴訟トラブルは6月末に明らかとなった。韓国通信社の聯合ニュースなどによると、K2戦車の変速機を開発していたS&T社が変速機の耐久試験に“ギブアップ”したのだ。

 S&Tの主張は「韓国の国防規格は、走行距離が9600キロに達するまで欠陥があってはならないことを意味している。この耐久試験中に欠陥が発生した場合、最初から試験をやり直さなければならない」というもの。同社では試験に時間がかかるとし「このままでは試験を無限ループするしかない」とし、国防規格や試験方法の変更を求めたが受け入れられなかったとして、再試験中断を求めソウル中央地裁に仮処分申請を出したことを6月30日に明らかにした。

 国の定めた規格が厳しすぎるという主張だが、これは「私が試験で赤点なのは、試験問題が難しすぎるからだ。もっと簡単な問題に変えるべきだ」というに等しい。というのも“他の生徒”は試験に合格しているのだ。

続きを読む

このニュースの写真

  • 韓国の新型K2戦車、泥沼の裁判沙汰へ 性能不足で軍とメーカーが対立
  • 韓国の新型K2戦車、泥沼の裁判沙汰へ 性能不足で軍とメーカーが対立
  • 韓国の新型K2戦車、泥沼の裁判沙汰へ 性能不足で軍とメーカーが対立
  • 韓国の新型K2戦車、泥沼の裁判沙汰へ 性能不足で軍とメーカーが対立
  • 韓国の新型K2戦車、泥沼の裁判沙汰へ 性能不足で軍とメーカーが対立
  • 韓国の新型K2戦車、泥沼の裁判沙汰へ 性能不足で軍とメーカーが対立
  • 韓国の新型K2戦車、泥沼の裁判沙汰へ 性能不足で軍とメーカーが対立
  • 韓国の新型K2戦車、泥沼の裁判沙汰へ 性能不足で軍とメーカーが対立

関連トピックス

関連ニュース

「産経WEST」のランキング