産経WEST

【ビジネスの裏側】「動物たちに餌代を」 鉄道ファンも巻き込みクラウドファンディング、大阪・みさき公園

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【ビジネスの裏側】
「動物たちに餌代を」 鉄道ファンも巻き込みクラウドファンディング、大阪・みさき公園

クラウドファンディングでサポーターを集めた「みさき公園」=大阪府岬町 クラウドファンディングでサポーターを集めた「みさき公園」=大阪府岬町

 遊園地と動物園を併設する「みさき公園」(大阪府岬町)が、動物の餌代などをまかなうため、インターネット上で個人から寄付を募るクラウドファンディング(CF)を導入。目標を大きく上回る支援金を集めた。ただ、これで買える餌の量は限られたもの。同園を運営する南海電気鉄道には、資金集め以外にも狙いがあるという。(阿部佐知子)

想定以上の202人

 みさき公園は開園60年を迎えた今年4月、運営資金として一口3千~5万円の支援を募った。応募した人は1年間、「動物サポーター」となり、金額に応じたプレゼントや特典を受けられる。

 3千円なら入園券やオリジナル缶バッジを贈り、3万円だと好きな動物の獣舎に名前を掲示、5万円では南海電車に装着されていた、みさき公園開園60周年記念のヘッドマークをプレゼント、といった内容だ。

 募集開始約3カ月で202人から、当初目標の100万円を大きく上回る160万3千円が集まった。5万円のプランは、鉄道ファンの注目も集め初日に“完売”する人気だった。

効率的に寄付

 天王寺動物園(大阪市)や京都市動物園(京都市)、王子動物園(神戸市)なども個人から寄付を募っているが、成果は微妙。年間入場者数で、みさき公園(約35万人)を大きく上回る天王寺動物園(約173万人)でも、個人からの寄付は年間約400万円にとどまる。

動物にプレゼント、実は以前から…真の狙いは

このニュースの写真

  • 「動物たちに餌代を」 鉄道ファンも巻き込みクラウドファンディング、大阪・みさき公園
  • 「動物たちに餌代を」 鉄道ファンも巻き込みクラウドファンディング、大阪・みさき公園

関連トピックス

「産経WEST」のランキング