産経WEST

【九州北部豪雨】ニコッと笑う働き者 犠牲になった井手和子さん

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【九州北部豪雨】
ニコッと笑う働き者 犠牲になった井手和子さん

安否不明者を捜索する自衛隊員=平成29年7月17日、福岡県朝倉市 安否不明者を捜索する自衛隊員=平成29年7月17日、福岡県朝倉市

 九州北部を襲った豪雨で17日に犠牲が確認された福岡県朝倉市松末地区の井手和子さん(59)は、働き者で、同じ集落の人たちに「頑張りよるね」と声を掛けられると、いつもニコッと笑って応えていたという。自宅近くは田んぼが広がり、同居する弟の邦博さんと6月下旬に田植えを終えたばかりだった。

 「飾らない性格で、日焼けして本当によく働く人だった」と、古くからの知人の小嶋剛生さん(77)は振り返る。幼い頃は畑仕事をする父親に付いて回り、手伝いをしていたという。数年前までは朝倉市にある木工所に勤め、家具作りに携わっていたという。

関連トピックス

「産経WEST」のランキング