産経WEST

【衝撃事件の核心】連続青酸死公判きょう中間論告・弁論 法廷で浮かんだ〝背徳二股愛〟 結婚1カ月で見合い→クリスマスデート→夫葬儀翌日に初詣…被告本人「覚えてない」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
連続青酸死公判きょう中間論告・弁論 法廷で浮かんだ〝背徳二股愛〟 結婚1カ月で見合い→クリスマスデート→夫葬儀翌日に初詣…被告本人「覚えてない」

黙秘宣言を一転させて饒舌に語り始めた筧千佐子被告。まもなく4事件のうち夫の勇夫さんを殺害したとされる事件で中間論告・中間弁論を迎える 黙秘宣言を一転させて饒舌に語り始めた筧千佐子被告。まもなく4事件のうち夫の勇夫さんを殺害したとされる事件で中間論告・中間弁論を迎える

 具体的なことは「覚えていない」と繰り返すが、「詳しく覚えていないから、詳しく(法廷で)言うたら嘘になるから、書いてあるの(調書)を読んで」と言い放つ。

 記憶力などにあいまいな部分があることをうかがわせるが、話の趣旨は一貫している印象だ。勇夫さんの殺害も被告人質問では繰り返し認めている。

 果たして公判はどう進展していくのか。審理は裁判員裁判としては過去2番目に長い135日間、48回が設定されており、先はまだ長い。

このニュースの写真

  • 連続青酸死公判きょう中間論告・弁論 法廷で浮かんだ〝背徳二股愛〟 結婚1カ月で見合い→クリスマスデート→夫葬儀翌日に初詣…被告本人「覚えてない」

関連トピックス

「産経WEST」のランキング