産経WEST

【衝撃事件の核心】連続青酸死公判きょう中間論告・弁論 法廷で浮かんだ〝背徳二股愛〟 結婚1カ月で見合い→クリスマスデート→夫葬儀翌日に初詣…被告本人「覚えてない」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
連続青酸死公判きょう中間論告・弁論 法廷で浮かんだ〝背徳二股愛〟 結婚1カ月で見合い→クリスマスデート→夫葬儀翌日に初詣…被告本人「覚えてない」

黙秘宣言を一転させて饒舌に語り始めた筧千佐子被告。まもなく4事件のうち夫の勇夫さんを殺害したとされる事件で中間論告・中間弁論を迎える 黙秘宣言を一転させて饒舌に語り始めた筧千佐子被告。まもなく4事件のうち夫の勇夫さんを殺害したとされる事件で中間論告・中間弁論を迎える

 全面否認から黙秘を宣言したかと思うと、一転、能弁に-。京都、大阪、兵庫の3府県で起きた連続青酸死事件で、夫や内縁関係の男性ら4人に青酸化合物を飲ませ殺害したなどとして、3件の殺人罪と1件の強盗殺人未遂罪に問われた筧(かけひ)千佐子被告(70)の京都地裁(中川綾子裁判長)での裁判員裁判は、めまぐるしい展開を見せながら審理の4分の1を終えようとしている。4事件のうち、夫の勇夫さん=当時(75)=を殺害したとされる事件で18日、検察・弁護側双方が中間論告・中間弁論を行う。この間、被告人質問が行われたほか、警察官や遺族、鍵の業者に解剖医、筧被告が勇夫さんと婚姻中に交際していた男性が証人として出廷した。雄弁に語られたのは、筧被告にまつわる「毒」と「金」だった。

黙秘宣言から一転

 連続青酸死の公判は、6月26日の初公判から7月12日の被告人質問までで計9回を数えた。

 筧被告は初公判で「弁護士に任せる」と述べ、弁護側は全面無罪を主張。認知症だとして責任能力や訴訟能力も争う姿勢をみせた。しかし、弁護側から始まった被告人質問で筧被告は当初、検察や裁判官、裁判員からの質問に「黙秘します」と宣言しながら、実際に検察側の質問に移ると、勇夫さんの殺害を「間違いない」と認めるなど一転して冗舌に語り始めた。

 さらに「(弁護人に)黙秘をしなさいと言われた」とも打ち明け、法廷では今後も波乱含みの展開が予想される。

 一方、これまでの審理では、勇夫さんを殺害したとされる事件の前後の状況が、複数の証拠や証人によって語られてきた。

続きを読む

このニュースの写真

  • 連続青酸死公判きょう中間論告・弁論 法廷で浮かんだ〝背徳二股愛〟 結婚1カ月で見合い→クリスマスデート→夫葬儀翌日に初詣…被告本人「覚えてない」

関連トピックス

「産経WEST」のランキング