産経WEST

【スポーツ×ビジネス】スポーツリーグにプロ化の波 JリーグやBリーグに続くのは…

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【スポーツ×ビジネス】
スポーツリーグにプロ化の波 JリーグやBリーグに続くのは…

 球技の国内リーグでプロ化を目指す動きが盛んだ。バレーボールのVリーグは来秋、スーパーリーグとして新たにスタートする。卓球もTリーグを発足させる予定。どちらも参加する実業団との兼ね合いで一気にプロだけの構成とはならず、まずは実業団との混合で開幕する。創設2年目のシーズンを迎える男子プロバスケットボールのBリーグを含め、続々と新リーグ構想が表面化する背景には、2020年東京五輪を機に競技の普及と強化を推し進めたい思惑がある。(大宮健司)

来秋、続々と新リーグ 

 Vリーグを運営する日本バレーボールリーグ機構は5月、新リーグの概要を発表した。Vリーグ全チームが参加の意向を示しているといい、1部リーグのチーム数は男女とも現在の8から男子10、女子12に増える。開催方式も従来の全国各地を巡業のように転戦する方式をやめ、各チームの本拠地で試合を開催する「ホーム・アンド・アウェー方式」に変更する。同機構の嶋岡健治会長は記者会見で「バレーを日本のトップアリーナスポーツにする」と意気込んだ。

 卓球も来秋に開幕予定のTリーグの運営法人を、4月に設立した。Tリーグは男女4~6チーム、6人による団体戦で年間20試合ずつ行う予定。世界ランキングの上位選手を海外から招くプランもあり、現在の日本リーグに所属する実業団や新規参入のプロチームで構成する。将来的には地域密着型のプロチームを増やし、昇降格のあるピラミッド型のリーグにする。

続きを読む

関連ニュース

「産経WEST」のランキング