産経WEST

【Jリーグ】「どれだけ通用するか楽しみ」 J1首位C大阪とスペインの強豪セビリアがきょう激突

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【Jリーグ】
「どれだけ通用するか楽しみ」 J1首位C大阪とスペインの強豪セビリアがきょう激突

フォトセッションに応じる(左から)C大阪の柿谷主将、C大阪の尹晶煥監督、セビリアのベリッソ監督、セビリアのDFパレハ(吉原知也撮影) フォトセッションに応じる(左から)C大阪の柿谷主将、C大阪の尹晶煥監督、セビリアのベリッソ監督、セビリアのDFパレハ(吉原知也撮影)

 サッカーのJ1C大阪とスペイン1部リーグのセビリアが対戦する国際試合「StubHub ワールドマッチ2017」が、17日にヤンマースタジアム長居(大阪市)で開催される。16日は同スタジアムで公式会見が行われ、C大阪の尹晶煥(ユンジョンファン)監督は「欧州の強い相手と対戦することで、どれだけできるか。本当に楽しみ」と意気込みを語った。

 J1で首位を走るC大阪にとって、過去に欧州リーグ(EL)3連覇の実績を持つセビリアへの挑戦は、絶好の腕試しとなる。攻撃的スタイルが特徴の強豪に、自慢の守備が通用するか。課題をあぶり出すことで、初タイトルを目指すJリーグの戦いに還元できる。柿谷は「得るものはたくさんあると思う。試合をやるからには絶対に勝ちたい」と語気を強めた。

 一方で、昨季1部リーグ4位のセビリアにとっては、今季の始動に際しての貴重な実戦の場だ。今季就任したベリッソ監督は「シーズンに向けて非常にいい準備になる。攻撃的に戦い、ダイナミックで魅力的な試合になれば」と力を込めた。

関連トピックス

「産経WEST」のランキング