産経WEST

道路や橋、インフラ老朽化を人工知能が監視  補修時期も予測 阪大など開発

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


道路や橋、インフラ老朽化を人工知能が監視  補修時期も予測 阪大など開発

 センサーを組み込んだ機器類には、さびに強く耐久性のある化学樹脂を使う予定で、ダイキン工業が素材を研究。AIは、大阪大学産業科学研究所(関谷毅教授=電子工学)が開発を担う。新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の委託を受けて実施している。

 現在のインフラ点検は、専門業者が施設の現場に赴き、計測機を使用したり、目視で確認したりして、傾きやひび割れなどの有無を調べるのが主流となっている。AIによる点検が実用化されれば、人手不足の改善や費用の削減につながる可能性がある。

「産経WEST」のランキング