産経WEST

【スポーツの現場】今季の阪神を支えるルーキー3人衆 “掘り出し物”ドラ5糸原は第二のアニキになれるか

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【スポーツの現場】
今季の阪神を支えるルーキー3人衆 “掘り出し物”ドラ5糸原は第二のアニキになれるか

阪神のイケメンルーキー小野 阪神のイケメンルーキー小野

 貯金7のリーグ2位で前半戦を折り返した阪神。好調なチームを支えるのが「ルーキー三羽烏」の糸原健斗(24)、大山悠輔(22)両内野手、小野泰己投手(23)だ。勝負強い打撃が持ち味の糸原への球団内の評価は高く、大山は交流戦終盤からの連敗を8で止める勝利の立役者になった。俳優・石田純一さんも認めた“イケメン”小野も登板を重ねるごとに成長しており、後半戦の巻き返しのキーマンとなりそうだ。(岡野祐己)

糸原は「予想以上の働き」

 ドラフト5位で糸原を指名した阪神は“うれしい誤算”だろう。

 金本監督が「糸原デー」と最敬礼した7月9日の巨人戦(甲子園)はまさに独り舞台だった。九回に守護神ドリスが同点に追いつかれた直後の攻撃。2死一、二塁からマシソンの直球を中越えにはじき返し、プロ初となるサヨナラ打を放った。この日はプロ初本塁打を放つなど4安打3打点の活躍で、恩師や知人らからたくさんの電話やメールがあったという。

 前半戦を終えて、打率は2割台前半と派手さはないが、注目すべきは出塁率。3割3分3厘は試合出場数が12多い高山よりも高い数値を誇る。平野打撃コーチは「内角の球は力で引っ張れるし、外の球は流し打ちもできる。選球眼も良いし、何度もチームを救ってくれた」と評価する。

 社会人チームの強豪「JX-ENEOS」から阪神に入団し、開幕1軍を勝ち取った。北條史也内野手(22)が打撃不振に陥って2軍に降格し、交流戦からは遊撃手のレギュラーとして出場機会が急増した。

続きを読む

このニュースの写真

  • 今季の阪神を支えるルーキー3人衆 “掘り出し物”ドラ5糸原は第二のアニキになれるか
  • 今季の阪神を支えるルーキー3人衆 “掘り出し物”ドラ5糸原は第二のアニキになれるか
  • 今季の阪神を支えるルーキー3人衆 “掘り出し物”ドラ5糸原は第二のアニキになれるか
  • 今季の阪神を支えるルーキー3人衆 “掘り出し物”ドラ5糸原は第二のアニキになれるか
  • 今季の阪神を支えるルーキー3人衆 “掘り出し物”ドラ5糸原は第二のアニキになれるか
  • 今季の阪神を支えるルーキー3人衆 “掘り出し物”ドラ5糸原は第二のアニキになれるか
  • 今季の阪神を支えるルーキー3人衆 “掘り出し物”ドラ5糸原は第二のアニキになれるか
  • 今季の阪神を支えるルーキー3人衆 “掘り出し物”ドラ5糸原は第二のアニキになれるか

関連ニュース

「産経WEST」のランキング