産経WEST

【近ごろ巷にはやるもの】「100円ショップ」で購入した”すのこ”でDIY…組み立て簡単で手軽にアレンジ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【近ごろ巷にはやるもの】
「100円ショップ」で購入した”すのこ”でDIY…組み立て簡単で手軽にアレンジ

「我が家」さんによって組み立てられた100円ショップのすのこ。わずか数分で棚の形になった(南雲都撮影) 「我が家」さんによって組み立てられた100円ショップのすのこ。わずか数分で棚の形になった(南雲都撮影)

 部屋にぴったりと収まる棚が欲しい。でも自分で作るには木材を買うのも大変そうだし、そもそも何から始めればいいのか分からない。そんなDIY(日曜大工)初心者にぴったりなのが、「すのこ」で作る棚。材料は100円ショップなどで簡単に手に入るうえ、つくりがシンプルなので基本さえ知ってしまえば自由自在にアレンジできるのが魅力だ。

 「すのこ棚は『これならやってみよう』と誰もが思えるほど簡単」と話すのは、料理や手芸作品の作り方などを投稿するサイト「暮らしニスタ」で数多くのDIY作品を紹介している大阪府枚方市の主婦「我が家」さん(45)。

 すのこで棚を作る手法は以前からあったが、最近の人気急上昇の背景にはこうしたサイトやSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の影響があるのかもしれない。まずは我が家さんに、100円ショップのすのこを使って作り方の基本を教えてもらった。

 「頑丈にしたいならビスで接着します。仮止めはボンドもいいけれど、乾くのに時間がかかるので両面テープがおすすめです」

 我が家さんがそう話しながら、2枚のすのこの「げた」の上に別のすのこを固定していくと、ものの数分で形になってしまった。なるほど、棚の構造を考えれば確かにすのこを使うのは合理的だ。そのままではグラグラと頼りないのだが、「背面に板をつければしっかりします」。柔らかい素材なので、必要なサイズに合わせて簡単に切れるというのもありがたい。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「100円ショップ」で購入した”すのこ”でDIY…組み立て簡単で手軽にアレンジ
  • 「100円ショップ」で購入した”すのこ”でDIY…組み立て簡単で手軽にアレンジ

「産経WEST」のランキング