産経WEST

【九州北部豪雨】死亡確認の75歳男性 信望集める地域の世話役だった 「あんな素晴らしい人が」惜しむ声相次ぐ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【九州北部豪雨】
死亡確認の75歳男性 信望集める地域の世話役だった 「あんな素晴らしい人が」惜しむ声相次ぐ

 15日に死亡が確認された福岡県朝倉市杷木志波の坂本俊一さん(76)は地元の区長や障害者団体の役員を務め、住民の信望を集める「地域の世話役」だった。「あんなに素晴らしい人が巻き込まれるなんて…」と惜しむ声が相次いだ。

 坂本さんは妻と2人暮らしで米や柿を栽培。近所の農業森高勲さん(73)は収穫祭の開催を持ち掛けた際に喜んで農産物を提供してくれた姿を思い出す。「地域で何かをする時にはいつも協力してくれ、自分より周りのことを気にしてくれた」

 手に障害があったといい、地元の身体障害者団体で活動。責任感が強くきちょうめんな性格で、同じ地区に住む約90人分の会費管理を任されていた。一緒に活動していた坂本敏明さん(71)は「大勢で酒を飲むのが好きで、笑顔が印象的だった。今もどこかにいるような気がする」と声を落とした。

関連トピックス

「産経WEST」のランキング