産経WEST

「心理警察官」って何するの? 兵庫県警の巡査長 ストーカーの凶悪犯罪を防ぐため、面接して更生を促すのが仕事

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「心理警察官」って何するの? 兵庫県警の巡査長 ストーカーの凶悪犯罪を防ぐため、面接して更生を促すのが仕事

臨床心理士の資格を持ち、要請があった警察署でストーカー加害者と面接を行っている兵庫県警の石橋岳士巡査長=12日午後、神戸市中央区の県警本部(西山瑞穂撮影) 臨床心理士の資格を持ち、要請があった警察署でストーカー加害者と面接を行っている兵庫県警の石橋岳士巡査長=12日午後、神戸市中央区の県警本部(西山瑞穂撮影)

 これまでに石橋巡査長が面接したのは10~40代の加害男性5人。「俺は悪くない」「あいつが言うとおりにしてくれんからや」。共通するのは被害者の気持ちを理解できず、自分がストーカーをしていることにも無自覚なことだという。

 まだ医療機関の受診や治療に結びついた事例はないが、「継続してカウンセリングを受けたい」と話す加害者がいるなど、少しずつ成果は出始めている。

 石橋巡査長は「加害者に問題を自覚させて治療に結びつけることで、結果的に被害者の安心につなげていきたい」と話した。

「産経WEST」のランキング