産経WEST

【九州北部豪雨】「姿見せて」立ち尽くす弟 59歳の姉の安否いぜん不明

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【九州北部豪雨】
「姿見せて」立ち尽くす弟 59歳の姉の安否いぜん不明

 「もう一度姿を見たい」。真夏日の強い日差しの中、安否不明の姉(59)を捜し、ぼうぜんと立ち尽くす男性。視線の先では、自衛隊の重機2台がうなりを上げて土砂をかき分けていた。九州北部の豪雨で、連絡が取れない住民が最も多く、捜索が難航する福岡県朝倉市松末地区。豪雨から10日となった15日、地区内に点在する集落を徒歩で訪れた。

 松末地区は市東部の山あいに広がり、高齢者を中心に約680人が住んでいた。1本道が途中で崩落し、車が通れないため、奥の方に行くには歩くしかない。土砂やぬかるみに足を取られ、汗を拭きながら約2時間かけてたどり着くと、中村集落があった場所は土ぼこりが風に舞う荒れ地となっていた。

続きを読む

関連トピックス

「産経WEST」のランキング