産経WEST

山口市の商店街で世界卓球Vの報告会 石川・吉村ペアを祝福

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


山口市の商店街で世界卓球Vの報告会 石川・吉村ペアを祝福

 世界卓球混合ダブルスでの優勝を報告する吉村真晴(右)、石川佳純両選手=15日午後、山口市  世界卓球混合ダブルスでの優勝を報告する吉村真晴(右)、石川佳純両選手=15日午後、山口市

 6月に開かれた卓球の世界選手権の混合ダブルスで日本勢として48年ぶりに金メダルを獲得した石川佳純(24)、吉村真晴(23)両選手が15日、ゆかりを持つ山口市の商店街で優勝報告会に臨んだ。ラケットを模した金メダルを首から下げ、所属チームのユニホームで会場に姿を現した2人は、集まった市民から「おめでとう」「すごい」と祝福を受けた。

 山口市は石川選手の出身地で、吉村選手も中学、高校時代を過ごした。報告会では吉村選手が「銅でも銀でもなく、金メダルを皆さまに見せることができて良かった」と振り返った。

 混合ダブルスは2020年東京五輪の新種目として採用が決まっており、石川選手は「東京五輪は私の集大成になる。最高の色のメダルを持って山口に帰りたい」と今後の意気込みを語った。

 石川選手は会場の女性から、優勝した瞬間に吉村選手と抱き合った時の心境を問われると「うれしすぎて何も考えていませんでした」と答え、どっと笑いが起きた。

「産経WEST」のランキング