産経WEST

【九州北部豪雨】「安否不明の妻の手料理 無性に食べたい」 53歳男性、愛妻の帰り待つ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【九州北部豪雨】
「安否不明の妻の手料理 無性に食べたい」 53歳男性、愛妻の帰り待つ

捜索活動で汗だくになった消防隊員を自身の事務所前でねぎらう田中耕起さん=13日午後、福岡県朝倉市 捜索活動で汗だくになった消防隊員を自身の事務所前でねぎらう田中耕起さん=13日午後、福岡県朝倉市

 「必ず帰ってくるけん。いつも通りの生活をして、待つだけよ」。福岡県朝倉市杷木松末の建設業、田中耕起さん(53)は、九州北部の豪雨で安否が分からないままの妻加奈恵さん(63)が再び目の前に現れることを信じている。

 「お疲れさまです! よかったら、水浴びしていってくださいよ」。13日、蛇口につないだホースを手にした耕起さんは、市内にある自身の事務所前で、捜索活動で汗だくになった消防隊員や自衛官らをねぎらった。愛妻が戻らぬ不安もある中、笑顔を絶やさなかった。

 雨が激しくなった5日午後1時半ごろ。自宅に1人でいた加奈恵さんから、事務所で仕事中の耕起さんに「庭が流されちゃった。どうしよう…」と電話があった。「橋や道路も流されている」「うちの車、もうないよ」。電話は何度も続いた。

続きを読む

関連トピックス

「産経WEST」のランキング