産経WEST

【九州北部豪雨】これは現実か 未曾有の豪雨被害、「故郷なくなった」あきらめの声も…被災地を取材して

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【九州北部豪雨】
これは現実か 未曾有の豪雨被害、「故郷なくなった」あきらめの声も…被災地を取材して

道路が崩れ、死者や行方不明者が出た集落にはたどり着けなかった=12日、福岡県朝倉市 道路が崩れ、死者や行方不明者が出た集落にはたどり着けなかった=12日、福岡県朝倉市

 道路は泥だらけで一部が崩れ、水田は泥水に覆われ、そこら中に流木が積み重なる。これは現実なのか…。言葉を失った。福岡、大分両県を襲った九州北部の豪雨の被災地に、今月10~13日、取材班の一員として入った。災害の恐ろしさを実感した。(大津支局 北野裕子)

 10日昼、最も多くの犠牲者、行方不明者が出ていた福岡県朝倉市内に入った。車で、大きな被害が出た集落に取材に近づこうと思っても、道がない。

 取材に入っている間は、豪雨があったとは思えないような晴れや曇りの日が続いた。しかし気温は高く、風のほとんど吹かないときはとにかく蒸し暑い。避難所となっている体育館などは、はじめはクーラーがない所も多く、ただでさえ不安な生活を送っている被災者が、顔に汗を浮かべ、疲れ切った表情をして、耐えているようだった。

 豪雨が山肌を押し流し、むき出しになった茶色い地肌を見た小学6年の男児(11)が「また雨が降ったら崩れそうで怖い。いつ帰れるのかな」と、ぽつりとつぶやいた。

 同市杷木志波、山間部のある集落では、12日、行方不明だという母(86)の無事を祈る女性(60)と出会った。

 「連れていってあげるわ」。女性は、集落に向かう道がわからなくなっていた私を、車に同乗させてくれた。残念ながら、道路は途中で半分近く崩れ、通行止めになっていた。泥水が流れる川の向こうに数軒の家が見えるが、たどりつくのは難しそうだ。

続きを読む

関連トピックス

「産経WEST」のランキング