産経WEST

祇園山笠フィナーレ 「追い山」博多の街駆ける

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


祇園山笠フィナーレ 「追い山」博多の街駆ける

 福岡市・博多の伝統の夏祭り「博多祇園山笠」は15日早朝、男衆が山車の「舁き山」を担いで街を駆け抜ける「追い山」で終幕を迎えた。博多祇園山笠が国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に昨年登録されて初のクライマックスに、沿道を埋め尽くした見物客は興奮に包まれた。

 追い山は法被に締め込み姿の男衆が高さ4~5メートル、重さ約1トンの舁き山を担ぎ、博多地区を七つに区分けした「流」と呼ばれるグループごとにタイムを競う。

 午前4時59分、今年1番手「中洲流」の舁き山が「ヤーッ」という威勢のいい掛け声とともに、櫛田神社前から境内を経由して約5キロのコースを疾走。続く舁き山も数分おきに出発し、境内に設けられた桟敷席では「速い」「すごい」と大きな歓声が上がった。

 北九州市から来た喫茶店主の下ノ村善一さん(75)は「初めて生で見た。舁き山が目の前に迫ってくる様子は大迫力だった」と感想を語った。

 今年の1位は28分53秒の「千代流」だった。

「産経WEST」のランキング