産経WEST

よしもと新喜劇新座長の酒井藍 先輩座長に愛され鍛えられ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


よしもと新喜劇新座長の酒井藍 先輩座長に愛され鍛えられ

吉本新喜劇の座長に就任する女優の酒井藍さん=大阪市中央区(柿平博文撮影) 吉本新喜劇の座長に就任する女優の酒井藍さん=大阪市中央区(柿平博文撮影)

 芝居の素養があるとはいえないが、得難い“ぽっちゃりキャラ”を先輩座長が放っておくはずがない。川畑泰史が「攻めるボケになれ」と助言すれば、小籔千豊はヤクザの姉御など数多くの役どころを用意。背中で見せるタイプの内場勝則までが彼女を鍛えだした。

とっさに出た「ぶーぶー、私、人間ですねん」

 代表ギャグの「ぶーぶー、私、人間ですねん」も自分で練り上げたのではなく、先輩のツッコミにとっさに出たもの。だが、そうした愛のムチを素直に受け入れる器量があった。実力を蓄え、今回の座長就任。

 「ガンガン行くタイプじゃないので、頑張りたい。でも一歩引いていろんな人を見ているので、適役を言い当てる自信はあります」

 かわいさが売りの未知やすえはアホ役、美人が売りの高橋靖子はいたずらっ子、ベテラン・末成由美には昔のようにヒロイン…と、自分なりの設計図を描き始めている。「これからも周囲に支えられて、皆さんに教えてもらいながら、演じる側もお客さんも楽しめる新喜劇にしたいですね」

 「酒井藍座長就任公演」は26~31日、大阪・なんばグランド花月通常公演で。チケットよしもと(電)0570・550・100。

(豊田昌継)

「産経WEST」のランキング