産経WEST

前方部でも埋葬施設発見 奈良県御所市の條ウル神古墳 巨勢氏首長の兄弟らを埋葬か

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


前方部でも埋葬施設発見 奈良県御所市の條ウル神古墳 巨勢氏首長の兄弟らを埋葬か

條ウル神古墳の前方部で見つかった凝灰岩製の石棺の破片。赤く塗られていたとみられる=橿考研付属博物館 條ウル神古墳の前方部で見つかった凝灰岩製の石棺の破片。赤く塗られていたとみられる=橿考研付属博物館

 橿考研付属博物館で、須恵器とともに展示される石棺片は表面が赤く彩色されている。同市教委は「前方部の石室には赤く塗られた石棺が置かれていたと考えられる。條ウル神古墳の被葬者の第1候補は巨勢氏で、後円部の被葬者が『兄』ならば、前方部にはその『弟』らが埋葬されていた可能性がある」としている。

 「大和を掘る35」では昨年度行われた県内の主要な発掘調査の成果を紹介する。9月3日まで。問い合わせは同館((電)0744・24・1185)。

「産経WEST」のランキング