産経WEST

【スポーツの裏話】桜のジャージーへの待望論 トンプソン・ルークが代表で見せた猛タックルと闘争心

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【スポーツの裏話】
桜のジャージーへの待望論 トンプソン・ルークが代表で見せた猛タックルと闘争心

練習を終え、愛車のママチャリで帰路につくトンプソン・ルーク 練習を終え、愛車のママチャリで帰路につくトンプソン・ルーク

 代表復帰を要請する突然のSOS。驚きとともにうれしい気持ちもこみ上げてきたが、即答はできなかった。自宅に帰れば3人の子供がおり、末っ子はこの春に生まれたばかり。代表に加われば妻に一層の負担をかけることになる。ためらう夫の背中を押したのは、ネリッサ夫人だった。

 「私は大丈夫だから、もしやりたいのなら頑張ってきて。ただし、1週間だけね」。アイルランドは、高校卒業後に首都ダブリンで1年暮らしたゆかりの国でもある。「特別なチーム」との対戦に気持ちは奮い立った。

ブランクを感じさせないプレー

 ロックの役割は多岐にわたる。スクラム第2列でフロントローを支え、キックオフやラインアウトの空中戦では主役になる。巨漢を利してのボールキャリー、ラックからの速やかな球出しをおぜん立てするのも重要な任務だ。2メートル近い長身に機動力と突破力を兼ね備え、勇敢なタックルを繰り返し遂行できるロックはそうは見当たらない。久しぶりの代表戦でブランクを感じさせるどころか、圧倒的な存在感を見せつけた36歳のプレーは、感動さえ覚えるほどだった。

 トンプソンが今後、日本代表に復帰する可能性があるかどうか。ラグビーファンが関心を寄せるのはそこだろう。もっとも、代表戦からしばらく経ったが、考えに変わりはないらしい。

続きを読む

このニュースの写真

  • 桜のジャージーへの待望論 トンプソン・ルークが代表で見せた猛タックルと闘争心
  • 桜のジャージーへの待望論 トンプソン・ルークが代表で見せた猛タックルと闘争心
  • 桜のジャージーへの待望論 トンプソン・ルークが代表で見せた猛タックルと闘争心
  • 桜のジャージーへの待望論 トンプソン・ルークが代表で見せた猛タックルと闘争心
  • 桜のジャージーへの待望論 トンプソン・ルークが代表で見せた猛タックルと闘争心
  • 桜のジャージーへの待望論 トンプソン・ルークが代表で見せた猛タックルと闘争心
  • 桜のジャージーへの待望論 トンプソン・ルークが代表で見せた猛タックルと闘争心

「産経WEST」のランキング